日焼け後にするべき本当に正しいアフターケア

日焼けした肌は、とてもデリケートな状態になっているので、直後が勝負になります。日焼け後には、しっかりアフターケアをすることが重要です。日焼け後にするべき正しいアフターケアは、まずしっかり冷やすことです。日焼け後はやけど状態になっているので、冷やすことが大切です。冷たいシャワーを浴びるか水風呂に入るとよく、冷やした後は、日焼けした箇所全てに濡れタオルを巻き、日焼けが激しい箇所には、保冷剤を濡れタオルにくるみます。その後は、保湿でカバーしてやります。保湿をして肌を保護してあげる必要があります。まず全身に化粧水をたっぷりつけて水分を補給し、乳液を塗ります。化粧水は手でたっぷりつけるようにし、手のひらでハンドプレスします。日焼けした肌はデリケートな状態なので、手のひらでやさしくなじませるようにします。ただ、化粧水がしみた場合は無理につけないようにします。日焼け直後は、こまめに水分補給をすることも大事です。体に水分が足りていないので、スキンケアだけでなく、水分補給で内側からもケアしてあげる必要があります。日焼けしたときは、体全体がデリケートな状態になっているので、ケアを終えたら早めに寝ましょう。インプラント 名医

美白を目指す洗顔方法

洗顔で美白をする場合には、自分が気になっている内容に応じて洗顔料を選び分けるのがオススメです。美白をしたいと思っている方が悩んでいるのは、「シミ・日焼け対策」、「毛穴の黒ずみ」、「乾燥」、「古い角質が慢性的に蓄積している」などの理由があります。それぞれ肌の悩みに特化した洗顔料を選んで美白を手に入れましょう。シミや日焼けが気になる方は、メラニンが新たにつくられるのを予防するタイプの洗顔料を選びましょう。毛穴の黒ずみは、肌の表面についたほこりや皮脂、落としきれていないメイクが毛穴の中で混ざり合って酸化してしまった状態です。毛穴が黒ずんで目立っていると感じるとどうしても、力を入れてゴシゴシ擦りたくなるのですが、肌荒れや乾燥が進むだけで毛穴の中は綺麗になってくれません。オススメなのは、粒子が細かくて毛穴の中に入り込んで洗顔料が汚れをキャッチしてくれるタイプです。また、週に1回のスペシャルケアとしてピーリングジェルやAHA洗顔を取り入れるのもオススメです。乾燥対策としては、洗顔フォームでは無く植物派の天然洗顔石鹸がオススメです。洗顔フォームのほとんどは、石油系合成界面活性剤が主原料になっていて、洗浄力が非常に強く、肌のバリア機能やうるおいを奪ってしまう可能性が高いです。肌が乾燥して疲れているときには、植物性の洗顔石鹸を使ってお肌の回復を待ちましょう。古い角質が慢性的に蓄積している場合には、酵素やピーリングジェル、AHA洗顔などの古い角質を取り除く週に1回程度のスペシャルケアをプラスすると美白洗顔に有効です。インプラント 名医