日焼け後にするべき本当に正しいアフターケア

日焼けした肌は、とてもデリケートな状態になっているので、直後が勝負になります。日焼け後には、しっかりアフターケアをすることが重要です。日焼け後にするべき正しいアフターケアは、まずしっかり冷やすことです。日焼け後はやけど状態になっているので、冷やすことが大切です。冷たいシャワーを浴びるか水風呂に入るとよく、冷やした後は、日焼けした箇所全てに濡れタオルを巻き、日焼けが激しい箇所には、保冷剤を濡れタオルにくるみます。その後は、保湿でカバーしてやります。保湿をして肌を保護してあげる必要があります。まず全身に化粧水をたっぷりつけて水分を補給し、乳液を塗ります。化粧水は手でたっぷりつけるようにし、手のひらでハンドプレスします。日焼けした肌はデリケートな状態なので、手のひらでやさしくなじませるようにします。ただ、化粧水がしみた場合は無理につけないようにします。日焼け直後は、こまめに水分補給をすることも大事です。体に水分が足りていないので、スキンケアだけでなく、水分補給で内側からもケアしてあげる必要があります。日焼けしたときは、体全体がデリケートな状態になっているので、ケアを終えたら早めに寝ましょう。インプラント 名医